BLOG

こんな問い合わせがよくあります。


・・・発信通知無しの着信。

「もしもし、ホームページを見たのですが、○○の物件の所在地を教えてほしいのですが。」


・・・私たちの返事
「私たちも売主様から大事な不動産の売却依頼を受けています。
さすがに素性のわからない方に住所だけを教えて、その後はお好きにどうぞとは
いかないのですが・・・。」



この話を理解していただける方は、その後はスムーズな不動産探しをされます。


しかし、これを理解できずに、住所を聞けないことに不服だという方は・・・。

「じゃあ、いいです。」 ガチャ。

です。

この後者の方たちは、間違いなく損をしている。


目の前の物件情報ばかりを追うからいけないのです。

目の前の問題だけどどうするかを考えるからいけないのです。


背景にある問題、状況、背後にある物件情報は、お互いに信頼を得られないと
出てきませんよ。



情報が欲しければ、情報を与えなくてはなりません。




最近は少なくなっていたのですが、久しぶりにこんなタイプの方に会いました。

「自分だけは得したい。」

こういう思考の方は、揃って同じ状況です。

どれくらいの期間を物件探しに費やしてきましたか?
「まだまだ、半年ですよ。」
・・・、半年も・・・。

半年の間にいい物件は見つからなかったのですか?
「どれもどこかしら欠点があるの。」
・・・、不動産探しイコールあら探しになってますね・・・。
こういうタイプの方々は長期化していることを、まだまだ見始めたばかりと思っています。

予算は?
「相場より3割安く。」
・・・、そんな不動産があればあなたに勧める前に私が買います・・・。

面白いですよね。あら探しで文句を言いながら最上級を求めているのに、人よりお金は出さないのですか。
これって、いわくつきレベルの割安金額を言っていますよ・・・。

「自分だけは得をしよう。」
という思考の方との会話は、毎回こんなやりとりです。

「相場が下がってきたと思いますので、○○○円くらいで売りに出るでしょう?」
いえ、そこまで相場は下がっていないし、相場の市況はあなたの思っているほど悪くはないですよ。

そうです。
こういう方に限って、相場を自分で想像し、自分で値段を決めるのです。
私たちはこういうタイプの方々を、ご都合主義者と呼びます。

ご都合主義の皆さん、相場はあなたが変えることは出来ないので、あなたが変わってくださいね。
正しい方向に。

久しぶりに出会いました。
ご都合主義の方々と。

近々、ご都合主義診断というカウンセリングメニューを作りたいと思います。

ご都合主義の方々には気づいていただきたいです。
多くの損をしていることを。

カテゴリー

<<  2009 年 04 月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • メールで問合せ見学・相談予約
  • ZERO CUBE FUN
  • ムービー

    ZERO-CUBE紹介ムービー

  • 近藤崇の家づくり
  • Instagram
ページトップへ