BLOG

私には、非常に尊敬している、大工の棟梁がいます。

棟梁は、いっつも、いい家ってなんだ?
暮らしってなんだ?
と、真剣に考えています。
だから、ありがたい話を聞けるのですが。

その棟梁から、こころに染みるお話をいただけたので、久しぶりにブログを書きます。


私は何百人もの方の家探しをお手伝いしていますので、こんなことに気づいています。
頭の柔らかい方は、いい「暮らし」にたどり着いています。


私たちリブインスタイルは、不動産探しは、形の無い「いい暮らし探し」だと考えています。

「いい暮らし」探しには一つの答えがある訳ではないし、万人に受け入れられる明確なモノが存在する訳でもないし、
人によっては今すぐ不動産探しを中止して、現状の暮らしを継続することがベストであることもある。


人は、染まる。

お金にこだわりの強い人は、「暮らし」をお金色のサングラスをかけて探し進める。

「暮らし」に、資産価値を期待する人は、不動産色のサングラスをかける。

「暮らし」イコール「強い家で安心して暮らす。」なら、建築色のサングラスをかける。


多くの方は、
「家探し、何から始めればいいの?」
である。

それは問題ない。


ほとんどの方は、日々忙しくて、暮らしをどうしようだとか、あんな家がいい、こんな可能性はあるか?
など、勉強して、知識を身に付けて、考えて、…。そんなことをやっている時間も暇も無い。


考えられないから…

とりあえず、モデルハウスを見に行くところから始めようか?

とりあえず、銀行のローン相談会に行くところから始めようか?

とりあえず、チラシに出てた不動産の見学から始めようか?


「とりあえず、」始めたところから、お客様は染まる。

卵から孵ったヒナは、初めて目にした動物を母だと思い込んでしまう。

お客様も、はじめて家探しの相談に乗ってくれた不動産屋や銀行、建築会社を、偉大なる母だと思い込んでしまう。

はじめの一歩には、よく考えたほうがいい。
メガネがその色に染まってしまうからだ。

リブインスタイルは最初にどんな話をするのか?

お金の話もするし、不動産の話もするし、建築の話もする。

だが、一番大事にしていることは、まずは染まらないように、「暮らし」に対する価値観や、ライフスタイル、趣味などから話し、可能性探しから始める。


みんなには、
いい暮らしをしてもらいたい。

ウッドパーク八千代を探しています。

探していますというか、そこにあるのを知っているので

売りたいと考えている人を探しています。


ウッドパークですが、勝手に査定しちゃいますよ。

2000万円!


多くの不動産屋さんは、1800万円くらいの査定を出してくると思います。

でも、こんなにスタイリッシュなマンションなら、私たちリブインスタイルが

高く売るお手伝いをします!


どなたか、八千代中央のウッドパークの売却を検討している方をご存知でしたら

私たちにご連絡ください。


大至急です!

カテゴリー

<<  2010 年 02 月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

  • メールで問合せ見学・相談予約
  • ZERO CUBE FUN
  • ムービー

    ZERO-CUBE紹介ムービー

  • 近藤崇の家づくり
  • Instagram
ページトップへ