BLOG

原理原則

2013/09/30

自分らしくないな…と、好きではない自分になっているときは、

ここでも何度か紹介していますが、松浦弥太郎さんの本を開きます。

著書の中でも、人が本を開くときは、悩んでいるときだと言っています。

元気なときは本など開かないと。

 

その通りと思いながら開くと、こんな言葉が。

 

正直、親切、笑顔。

これが自分にとっては、すべての原理原則だと考えています。

悩んだり迷ったりした時にはこの原理原則に立ち返ります。

何があろうと、この三つだけは手放さないと決めています。

どんなことにするかは人それぞれですが、自分の原理原則を持っているというのは、本当に心強いもの。

救いがたい失敗をしたとしても、「ここに立ち返ればもう一回やり直せる」という自分の居場所を、自分でつくることができます。

 

私にとっての原理原則ってなんだろう?

もう一度、今の私に立ち返って考え直してみたくなりました。

 

秋物のリースをたくさん作りました。

リースというと、冬のクリスマスの時期だけのもの…と思いがちですが、

アメリカやヨーロッパでは、永遠を意味するものとして、

玄関や家の中のあちらこちらに飾っています。

丸い輪の形は、無事に帰ってくるという意味や、ずっと元気でいられますように、という意味もあるそうです。

 

元々リースをお作りするようになったきっかけは、

お引き渡しのお客様に何か心の籠ったプレゼントをお送りできないかということからでした。

新しいお住まいに、そんな素敵な意味のあるリースはピッタリだと思いました。

そして、何よりリブインスタイルは「わ」という会社が運営しています。

「わ」の形はリースそのもの。

という訳でリースを作るようになりました。

 

一つ一つ、リースを作る度になんだか優しい気持ちになれます。

今の季節をイメージして、ハロウィンものにしました。

リスくんにも飾っています。

よかったらご覧になってみてくださいね。

楽しい気持ちになれます!

 

色で遊ぶ空間

2013/09/28

妹から、新しい住まいの壁紙の相談を受けています。

色使い、素材感などなど…どれがいいと思う?と。

少し、遊び心が欲しいらしいのです。

 

これも、完成見学会で壁紙で遊び、楽しいワクワクする住まいを見たからだと思います。

やっぱり、実際の建物を見るというのは、とても大切なことですね。

 

今回のお客様はお引き渡しをしてしまうので、もうご覧いただくことはできませんが、またこのような貴重な機会がありましたら、お知らせいたします。

 

パリで参考になりそうな壁の色使い、柄使い、あったら教えてね!

とのことでしたので、張り切ってお写真をパシャパシャ撮って来ます!

 

パリは、アパルトマン、ホテル、カフェ、デパート、ありとあらゆる場所が

キュンときてしまうものばかりなのです。

覚悟のはなし

2013/09/27

昨日の続きを…

 

大好きなお友達、このお友達が以前に、

ま〜やちゃん、私はこれで生きるのがとても楽になったよ。

よかったら読んでみて!善は急げだから送るねと、

プレゼントしてくれた本がありました。

齊藤一人さんの本。

 

何度でも読み返したい本でした。

今では私も周りの人たちにプレゼントしたり…

 

最近ご無沙汰してましたが、帰り際、

「覚悟のはなし」っていうのがあるから読んでみて!

私たちに共通しているのは、「覚悟があるところ」だと思うの。

と、帰っていきました。

 

早速聞いてみました。

それは、「嫌なことがあっても絶対顔には出さない」というお話。

いつでもどんなときでもしあわせな言葉を話し、

しあわせそうな顔をしていること。

「悩みなんてないでしょう!」こう言ってもらえる人になること。

苦労に負けない、しあわせになる覚悟を持っている人がしあわせになれると。

 

できてないなぁ…と、反省しました。

このお話のこと、肝に銘じて、今から実践ようと思いました。

つくづく、今自分に必要な言葉を投げかけてくれる人です。

憧れの人

2013/09/26

先日、お友達がカフェに来てくれました。

というのも、その前に…

60歳前後の大人の男性が喜びそうな、

ディナーに合うソフトドリンクを教えてくださいという質問をいただいていたのでした。

2週間に渡って軽井沢の別荘でお客様をお招きするそうなのです。

その中で数人の方がお酒を召し上がらないので、いつも数種類のお水しか用意していなかったので、今回は大好きな方なので、喜んでいただけるものをお出ししたいの…ということでした。

 

私のカフェで人気者くんのジンジャーハチミツ、今の季節だけの贅沢なぶどうを煮出してつくるぶどうジュース、りんごのジュレのソーダ割り、3種のベリーサワー、グレープフルーツのグラニテソーダ...などなどをお教えしました。

 

早速作って試してみるそうです。

喜んでいただけるといいなぁと思います。

 

こういうのが、「おもてなし」の心ですよね。

大好きなお友達です。

年は10歳も離れているので、お友達というのもおこがましいのですが…

心配りがいつでも自然で、温かい人。

私の憧れの人です。

こんな風になりたいなと思える人が近くにいてくれるのは、本当にしあわせなことだと思います。

センス

2013/09/25

もう9月も終わり…

半袖で眠るのはそろそろ卒業しなくてはいけませんね…

寒くて目が覚めてしまいました。

 

さて、先日妹一家がLISくんへ打ち合わせにやってきました。

間取りや仕様など、ほとんどのことが決まったようです。

着工に向けてぐんと近づきました。

中でも感動したのは間取りでした。

Kondoが、関わり合うすべての人たちが心から満足いくものに仕上げてくれました。

本当に、見れば見るほどうっとりしてしまうほど。

限られた敷地の中で、妹と旦那くん、二人の要望が緻密に細部まで、

心地よく実現され、動きやすそうで、夢が広がり、

見ているだけでそこでの暮らしが創造できる…

そんな素晴らしい間取りです。

 

これは、センスだと思います。

10人のお客様がいらっしゃれば、10通りのご要望があり、10通りの土地の形状があります。

そのお一人さま、お一人さまごとのご希望の優先順位を把握して、

それを形にしていきます。

 

神が降りてくるときがあるそうです。

これまでの経験、努力、そしてセンス、すべてのものが重なり合う瞬間なのだと思います。

 

いつも間取りが出来上がる時は、感動します。

 

私も、これまで住宅業界に携わり、設計士、営業スタッフ、たくさんの方々と関わってきましたが、Kondoのこのセンス、スキルはプロの中のプロだと感じるからです。

 

妹一家が、家作りをKondoにお願いすることができたこと、

本当によかったと家族みんなで喜んでいます。

 

今日も松浦弥太郎さんの本のお話をしてもいいですか?

 

私は日中はカフェでお仕事をしています。

コーヒーを淹れたり、スムージーを作ったり、
スコーンを焼いたり、グラノーラを焼いたり、

モーニングにランチにティータイムに、お食事をお出ししたりしています。

 

そんな日々を過ごしているので、このページの文章が心に響きました。

 

「まんなかだけではなく周辺もよく見る。考える。」

 

ものを見るときはまんなかだけではなく、周辺もよく見ましょう。

たとえば「おいしそうなコーヒーだ」という時も、周りも見てみます。

淹れ方や豆を研究するのではありません。

おいしいコーヒーの周辺とは、お店の雰囲気、音楽、淹れてくれた人、

出してくれた人、一緒に飲む人。

もしかしたら周辺のおかげで普通のコーヒーが特別になったかもしれないのです。

ものごとを理解するにはまんなかと周辺、両方をよく考えることです。

 

この文章を読んで、その通りだなぁと思いました。

私自身もそう感じるので…

どんなに美味しいものでも、そのときの気持ち、そのときの場所、そのときの雰囲気でいかようにも変わります。

 

だから食を提供する身として、色々なことに心を込めたいと思いました。

1杯のコーヒーをおいしいと思って心地よく帰っていただけるように…

今日はまた日中日差しが暑くて夏日のようでした。

でもやっぱり空気は秋を感じます。

朝晩になると急に冷え込むので、体調崩さないように気をつけないとですね。

みなさまもどうぞお気をつけくださいね。

 

先日も、合唱の練習でした。

佐渡裕さんの指揮の下で歌う前に、それぞれの地域に分かれて練習をします。

私は関東地区のチームです。

そして、地域ごとにそれぞれ先生がいます。

 

その先生もとても素晴らしく、ベートーベンの第九を教えてもう30年来だそうで…

でも、合唱のことはもちろんなのですが、

それ以外の場面でも、随所随所で言ってくださる教えが、心に響くのです。

先日はこんなお言葉。

「めんどくさいことほど大切なのだ」ということ。

歌う前に、リズム読みというものをします。

第九は、小節ごとにリズムが本当によく変わる曲です。

さらに、パートごとでも異なります。

だから、しっかりとリズムが取れるように、パートごとにリズム読みというものをするのです。

この作業はとても面倒に感じるでしょう、と。

でも、この面倒なことをしっかりと丁寧にやることがとても大切で、

それが素晴らしい結果を生むのだと。

 

そして今日、久しぶりに松浦弥太郎さんの「100の基本」のページを開けると、

同じようなことが書かれていました。

 

「面倒くさいを楽しむ。」

人間だから、「そんなの面倒だ」と思うことはあります。

しかし、面倒くさいことにこそ、実は楽しみが潜んでいます。

ものごとの本質が隠されている気がします。

面倒がってやらなかったり、人に頼んだり、上の空で嫌々やったりするのは、ずいぶんもったいないことです。

面倒くささを味わい楽しみましょう。

その秘訣は「面倒くさい」という言葉を口にしないこと。

ひとたび口にしてしまえば、いろいろなものが崩れていきます。

 

随分前にこのページを読んだときから、自分の中で「面倒くさい」と言わないように心がけています。

とても大切なことを教わったと思って…

秋の味覚

2013/09/17

スーパーの野菜売り場は、1年中なんでも揃っています。

夏にしか採れないはずのバナナもナスもきゅうりもトマトも、

冬にしか採れないはずの大根もゴボウもみかんも。。。

不思議なことなのに、あまり不思議に感じることもなくなってしまう恐ろしさ。

 

私は、かれこれ7年前に食のプロを目指す学校、エコールエミーズに入学して、食にまつわる全般、ありとあらゆることを学びました。

それはそれはみっちりと。

とても興味深いことが多く、そのときから、例えば最初にお話したようなこと、この現象はとてもおかしなことだと思うようになりました。

 

旬のものをいただくということが、動物である人間にとっても一番いいことなのです。

それを感じています。

そして、その季節の旬のものが、一番栄養素が高いことも。

 

そんな訳で今年の夏も、ナス、トマト、きゅうり、ミョウガ、大葉、ゴーヤ、とうもろこし、夏野菜をたっぷりとりました。

 

これからは、夏の疲れを労ってあげる秋の食材を使ったお料理をと思っています。

実りの秋です。おいしいものがたくさんです。

新米、きのこ、さつまいも、栗、梨、秋ナス、秋刀魚…

秋の食材は、消化器系の働きを活発にしたり、お腹の調子を整えてくれるものが多いと言われています。

例えば、さつまいもや栗、きのこ、ナスは食物繊維が多いので、胃腸の調子を整えてくれるのです。これは、食欲の秋ゆえに、食べ過ぎてしまうお腹を労ってくれるため、そして、暑すぎる夏を乗り切った体を労ってあげるため、なのかもしれませんね。

 

つい先日はきのこたっぷりの炊き込みごはんを作りました。

 

日々の暮らしを愛しむ

 

私にとってお料理はそれを表現するものの一つだったりします。

旬のものをいただくしあわせは、心にも体にもたっぷりの栄養を与えてくれるからです。

エンジン

2013/09/16

台風、怖かったですね〜

みなさま被害はありませんでしたか?

大丈夫でしたか?

どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

いよいよ最終回を迎える見学会にたくさんのお申し込みをいただいております。

見学会をされた後のお客様を見ていて感じることです。

 

いつか自分たちの家ができればいいなぁとわりとのんびりと構えていた方のエンジンが一気にかかって進みだしたりします。

 

実物のゼロキューブを見学し、やっぱりいいね〜と気に入り、次に土地探し。

提案された土地も気に入り、トントン拍子です。

 

このときの気持ちは、大概の方が、

これで決めてしまっていいのかなぁ…です。

迷うのです。

こんなに早くていいのだろうか、

もっとたくさんの土地を見てからの方がいいのではないか。

 

その度に感じること、それは「タイミング」です。

タイミングって縁が繋がるものだと、Kondoはよく言います。

これまでたくさんのお客様と接していて富みに感じることだと。

 

本当にいろいろなことが重なるものです。

不思議なくらいにいい方向へ進むときには。

それによってブンッと、一気に進んでしまうこともあります。

 

以前にもこの場所でお伝えしたことがあると思いますが、

Kondoは、駆け引きをしません。

土地も、一番最初にそのお客様のご希望に合った一番いい土地をご提案します。なぜなら私たちは、その場所で、その家で、少しでも早くハッピーな暮らしを送ってもらいたい、心からそう思うからです。

だから、ゼロキューブを気に入った方は、走り出すのです。

 

 

貴重な時間を、「どうしようかなぁ…」と迷うために使うのではなく、

「こんな家にしたいね!その家でこんな暮らしをしたいね!」

とワクワクする時間に費やしていただきたいのです。

Kondoの想いです。

 

いい波が来たら迷わず乗る。

 

あまちゃんで夏ばっぱが言ってました。

海に飛び込むことを躊躇しているアキに、

あれこれ考えたって何もはじまらない。

飛び込んでしまえばいいって。

 

私もそう思います。

人生においてもそうですし、

今回、家作りに関しては妹一家を見ていてそれは心から実感しました。

 

いい波、見逃さないでくださいね。

カテゴリー

<<  2013 年 09 月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • メールで問合せ見学・相談予約
  • ZERO CUBE FUN
  • ムービー

    ZERO-CUBE紹介ムービー

  • 近藤崇の家づくり
  • Instagram
ページトップへ