BLOG

「一生モノ」

 

 

この言葉は、

ときとして、

私たちを間違った方向へ導いてしまうような気がしてならないのです。

 

 

はい…前回のお話の続きです。

 

 

「一生モノ」って言葉が入ると、

 

 

色んなこと

 

 

ちょっと無理したり、背伸びをしたりしませんか?

 

 

一生モノなんだから、これぐらいいいんじゃない?

 

一生モノなんだから、少しくらい無理してでもやった方がいいよ。

 

 

ちょっとマヒしてきます。

 

このちょっとが積もり積もると…

 

 

家は買ったらおしまいではありません。

買うことがゴールではないのです。

 

 

買ってからがスタートです。

 

 

そこで始まる暮らしこそが

しあわせを感じるものでないといけないと思うのです。

 

ただの器

2014/06/01

「家はただの器。だから、気合いを入れて買わなくていいんだよ。」

 

 

Kondoから初めてこの言葉を聞いたとき、

なんてぶっ飛んでるんだって思いました。

 

 

だって、これまでの考え方は

 

 

「家は一生モノの買い物。絶対失敗してはいけない。間違ってはいけない。」

 

 

でしたから。

 

 

その後次から次に出てくる言葉も、

 

 

どこで建てたらいいか、迷っているなら、

今いいと思う場所に建ててしまえばいいんだ。

 

 

その後、その場所を離れなくてはいけないのであれば、

誰かに貸すこともできるし、売ることもできるから。

 

 

今賃貸で暮らしているということが、

一番もったいないことだと思う。

 

 

それは、もちろんお金もだけど、

二度と取り戻すことのできないかけがえのない時間を失っているんだ。

 

 

初めて聞いたあまりにぶっ飛んでいる考え方に、

最初は面食らいましたが、

 

 

誰しもが経験することではない、

一度生死を彷徨ったKondoだからこその考え方は、

なんだかとても説得力がありました。

 

 

すーっと気持ちが楽になりました。

楽しい気持ちになりました。

 

 

そうだよね。そうだよね。と、

 

 

今は心からそう思えます。

 

 

「一生モノ」

 

 

という言葉は、私たちをおかしな方向へ運んでしまうような気がします。

 

だから、この考え方を少しでもたくさんの人たちに伝えたいと思いました。

この考え方を知って、

私のように、気持ちが楽になって、楽しい気持ちになれたらいいなって。

 

 

先のことなんて、誰にもわからない。

これは、私自身もう何年も何年も前から思っていること。

先のことをあれこれ心配して悩んだり、不安になったりするよりも、

「今」というときを大切に、楽しく過ごした方がずっとずっとしあわせだと思うから。

 

 

今の私は、「一生モノ」なんてないと思っています。

 

 

日々のこのかけがえのない時間こそが、

生きていく上で一番大切なものであり、

その日々紡がれていく時間が、

その人の一生に繋がっていくものだと思うからです。

 

 

「家は、気合いを入れて買わなくたっていいんだよ。

だって、ただの器なんだから。そこでの暮らし方こそが一番大切なもの。」

 

 

私は、本当に、ステキな考え方を教えてもらったなぁと思って、

この考え方を聞く度に、心から救われてじーんとするのです。

カテゴリー

<<  2014 年 06 月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

  • メールで問合せ見学・相談予約
  • ZERO CUBE FUN
  • ムービー

    ZERO-CUBE紹介ムービー

  • 近藤崇の家づくり
  • Instagram
ページトップへ